任意整理の解決事例
任意整理の解決事例
40代 女性
(専業主婦)
Bさんの場合

具体的事例

はじめは、ガソリンスタンドでクレジットカードの勧誘を受けたことがきっかけでした。ガソリン代を1ヶ月分まとめて決済できるということで、便利だなと思いながらクレジットカードを使っていました。そのうちに、カード会社の方から、「いざという時の備え」ということでキャッシングをすすめられました。毎月定額の返済でよいということ、残高に応じて返済金額が減っていくということで、リボルビング払いをよく利用していました。当時は冠婚葬祭費用などの一時的な支出をキャッシングで用意していましたが、子供が成長するにつれて近所のお付き合いや教育費にお金がかかるようになり、リボルビング払いを多用するようになってきました。利用しているうちに限度額も増額され、また利用を繰り返している内に、総額が100万円になってしまいました。夫にはカードのことは秘密でしたので、誰にも相談できず悩んでいたところ、ポストにチラシが入っていたのを見て藁にもすがる思いで相談しました。

手続結果

Bさんの場合、ガソリン代の決済(ショッピング)は過払いの対象にならず、減額も生じませんが、キャッシングリボの前半が法定金利を上回っていました。このため払い過ぎた利息を減額交渉した結果、100万円の借金残高は30万円ま減少しました。お取引期間も長かったことから、業者側も和解に対して厳しい条件を付けてくることがなく、5000円の60回払いで話をまとめることができました。お手続費用は約13万円ほどでしたので、合計して43万円借金が残るという結果にはなりましたが利息の支払がなくなり、元金返済での計画を組んだことで完済というゴールが見えたこと、支払が月々のやりくりで捻出可能な金額に収まったことを、喜んでおられました。

  • 100万円の借金残高は30万円まで減少
  • 利息の支払がなくなり、元金返済での計画を組んだことで
    完済というゴールが見えた

事例ワンポイント解説

この事例の場合、大きなポイントは2つあります。まず取引期間がいかに長くても、ショッピングの部分は過払いの対象にならないということです。次にキャッシングリボ払いの場合でも、利息を払い過ぎていることがあるということです。クレジット会社は過払いにならない、リボ払いは過払いにならないと考えておられる方が多いのですが、実は消費者金融に限らず大手のクレジット会社でもキャッシングの金利は高かったことがありますので、過払い状態にまでならなくとも残高の減額が可能になるケースは多いです。ご面談の際は、こうした請求漏れや手続漏れで損をされないよう取引のある全ての業者をお知らせいただいて、その中で任意整理を行う業者を決定することが、結果として、ご依頼者様のメリットにつながります。

メールでのご相談
ご相談・お問い合わせはこちら
0120-123-800
メールでのご相談
無料相談のご予約 お気軽にお問い合わせください 0120-123-800 メールでのご相談
任意整理
  • 任意整理とは
  • 任意整理の詳細説明
  • 任意整理の料金
  • 任意整理の解決事例
  • 任意整理のQ&A
事務所のご案内
司法書士法人ジェネシス 本店
東京都千代田区外神田6丁目14-7 VORT 末広町7階
支店
愛知事務所
愛知県名古屋市中区錦1丁目7-28
J-SQUARE丸の内8階
大阪事務所
大阪府大阪市北区梅田2丁目5-4
千代田ビル西館2階IJ号室
福岡事務所
福岡県福岡市博多区博多駅東2-4-6
博多グローリービル3F
司法書士法人ジェネシス
司法書士法人ジェネシス
本店情報
東京都千代田区外神田6丁目14-7 VORT末広町7階
支店情報
愛知事務所
愛知県名古屋市中区錦1丁目7-28 TIG・ACTUS BUILDING8階
大阪事務所
大阪府大阪市北区梅田2丁目5-4 千代田ビル西館2階IJ号室
福岡事務所
福岡県福岡市博多区博多駅東2-4-6 博多グローリービル3F