社員ブログ

社員ブログ

自己破産

2018-09-29

自己破産、その時どうなる?その後どうする?(④自己破産を不安に思われる方へ)
自己破産という手続を選択した場合、以降現金生活を送ることになったり、クレジットカードの作成ができなかったりなど、不安や不便に思われる方もおられるかも知れません。自己破産手続にはメリットもデメリットもあります。デメリットを生活への不安や不便さと感じる方もおられるでしょう。しかしこの不安や不便さに関しては、以下にあるような対策をとることで、特に不便に関しては一定程度は軽減できるかと思います。

 

自己破産を不安に思われる方へ

 

1⃣現金生活は不安だ、クレジットカードがないと不便だ!

確かに、ローンまでいかなくとも決済手段として一時立替(クレジット)を利用しているという方は多いでしょう。クレジットカードが全く使えないとなると不便ではあります。また、自動車や持ち家のような大型資産とは別に、10年サイクルで買い換えることが多い家電製品や携帯電話などの割賦(分割)払いができなくなるというのは不便なのかも知れません。このうち、決済手段としては、クレジット(立替式)ではなくデポジット(同時預金引落式)のカードを保有するという対応策が考えられます。

 

デポジットカードは、現金収支の範囲内であればクレジットカードとほぼ同様の使用法が可能です。破産を選ぶか否かによらず、カードが使いすぎかな、と思われる方にはおすすめしたい決済手段です。また、家電製品の場合は、一旦中古で購入するか、予め貯金しておくかが対策として考えられます。資金計画をしっかり組めるかが肝要だと言えそうです。携帯端末に関しても同様に1モデル旧式のものを選ぶことによって、端末代金を抑えることができるでしょう。

 

 

2⃣保証人には迷惑をかけたくない

自己破産手続の場合、「本人は支払不能(請求も不可)」であるため、保証人への請求を止めることは不可能です。この場合、借金の金額にもよりますが、任意整理で問題解決を図ることも可能かと思います。任意整理は、裁判所を介さず、文字通り「任意に」手続対象の業者を選択する手続ですので、保証人がついている借金を任意整理の対象に含まないといった柔軟な対応を図ることが可能です。

ただし、返済を再開することが条件ですので、そもそも返済不能の場合は任意整理を選択できないことには注意が必要でしょう。

 

 

3⃣持ち家は死守したい

持ち家をどうしても手放したくない、という方の場合、自己破産手続ではなく個人再生手続の利用を視野に入れることも考えられます。自己破産にしても、個人再生にしても借金問題を解決する手段の一つに過ぎず、重要なのはライフスタイルやご希望にあわせてどの手続を選ぶのかだと思います。

 

借金問題を解決するという目的に対する手段が任意整理や自己破産であるということですから、メリットデメリットをしっかり比較して最も好ましいと思えるお手続きを選択するようにすればよろしいでしょう。ただし、住宅ローンがそもそも支払えない、借金の9割が税金だ、などといった場合には、自己破産手続や任意整理手続の方が望ましいこともありえます。

 

 

4⃣それでもとにかく不安だ!

これはもっともだと思います。例えになりますが、私たちが怪我で手術を受ける場合、法律のことは分かっても医療のことは分からないので不安が完全になくなることはないと思います。専門外のことを理解しようとしても、結果見落としが生じて不安が増大してしまうこともありうると思います。

 

債務整理に関する不安は、「減少はするが完全にはなくならない」と逆に考えることで、かえって不安の解消につながるかとも思います。不安が完全になくならないことを承知した上で、「それでは、どこに頼むか(どこが不安を最も軽減してくれそうか)」と考える方が望ましい場合もあります。ある程度情報を仕入れたら相談してみて、話をよく聞いてくれる、性に合うと思う専門家を選ぶことで、手続に対する不安は大幅に緩和できる筈です。

 

このため月並みになってしまいますが、不安に思われるならばまずは簡単な相談をしてみて、任せてもよいと思う専門家を見つけることが重要だと言えるでしょう。特に自己破産手続に関しては、依頼者と依頼を受ける側の意思疎通ができていないと、手続自体に支障をきたす場合がありえますので、手続きを成功させるという意味合いでもこの専門家選びは重要だと思います。

 

ポイント

  • 1…現金生活への不安、対応策はデポジットカードの活用や中古品の購入という選択肢も
  • 2…保証人に迷惑をかけたくない場合、任意整理という手続の活用を検討してみる
  • 3…持ち家を保持したいという場合、個人再生手続の利用も視野に
  • 4…不安が完全になくなることはない、その上で重要なのは誰に任せるか

 

お問い合わせ

■司法書士法人ジェネシス本店 : 東京都千代田区外神田6丁目14-7 VORT 末広町7階
■愛知事務所 : 愛知県名古屋市中区錦1丁目7-28 TIG・ACTUS BUILDING8階
■大阪事務所 : 大阪府大阪市北区梅田2丁目5-4 千代田ビル西館2階IJ号室
■福岡事務所 : 福岡県福岡市博多区博多駅東2-4-6 博多グローリービル3F

メールでのご相談
ご相談・お問い合わせはこちら
0120-123-800
メールでのご相談
無料相談のご予約 お気軽にお問い合わせください 0120-123-800 メールでのご相談
自己破産
  • 自己破産とは
  • 自己破産の詳細
  • 自己破産の料金
  • 自己破産の解決事例
  • 自己破産のQ&A
事務所のご案内
司法書士法人ジェネシス 本店
東京都千代田区外神田6丁目14-7 VORT 末広町7階
支店
愛知事務所
愛知県名古屋市中区錦1丁目7-28
J-SQUARE丸の内8階
大阪事務所
大阪府大阪市北区梅田2丁目5-4
千代田ビル西館2階IJ号室
福岡事務所
福岡県福岡市博多区博多駅東2-4-6
博多グローリービル3F
司法書士法人ジェネシス
司法書士法人ジェネシス
本店情報
東京都千代田区外神田6丁目14-7 VORT末広町7階
支店情報
愛知事務所
愛知県名古屋市中区錦1丁目7-28 TIG・ACTUS BUILDING8階
大阪事務所
大阪府大阪市北区梅田2丁目5-4 千代田ビル西館2階IJ号室
福岡事務所
福岡県福岡市博多区博多駅東2-4-6 博多グローリービル3F