社員ブログ

社員ブログ

自己破産

2018-08-30

知らなきゃ損する?ブラックリストについて(基礎知識と登録期間)
談話室で、A君とC先生が信用情報についてお話をしているようです。

 

事務員A(以下、A):「C先生、ちょっとよろしいですか?」

 

司法書士C(以下、C):「どうしたの。何かお悩みかい?」

 

A:「最近ご相談をいただくことが多いんですが、ブラックリストって一体何なんでしょう?簡単にご説明しようと思っても難しく考えてしまって…」

 

C:「うん、まずは簡単に考えようか。そもそもブラックリストは存在しないことからだね。」

 

A:「えっ?」

 

C:「ブラックリストというのは俗称で、CIC、JICC(日本信用情報機構)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)という個人の信用情報を保管する機関があって、そこに金融事故の登録がされてしまうことを指しているんだ。A君は確か車を運転するよね?」

 

A:「はい。」

 

C:「車の免許をイメージすると分かり易いかな。免許が個人の信用情報で、事故や違反をしてしまうと点数がマイナスされるよね。これを金融事故と例えてみよう。マイナスがあると保険がゴールド適用できなくなっちゃう。これが新しい借入ができなくなる仕組みだと考えると想像しやすいかもね。」

 

A:「それならば少し分かる気がします。」

 

C:「実際の信用情報も同じようなイメージで、借入の有無、金額などが記載されている。注意したいのは、例えばCICのサンプルで言うと借入先ごとに毎月の入金情報というものがあって、入金があれば¥マーク、なければAマークというように表示されるから、毎月の入金が遅れていればすぐに分かってしまうことだね。

 

A:「そうなるといわゆるブラックなんでしょうか?」

 

C:「これは、請求したが支払がなかったという区分で、紛らわしいけど事故情報とは異なるね。Aマークが付く=支払を遅延しているということになるけれども、これ単体は事故情報とは呼ばないんだ。もちろん、審査の厳しい会社の借入は難しくなるだろうけど。」

 

A:「すると、事故とされるのはどういう場合なんでしょうか?」

 

C:「CIC、JICC、KSCに共通して、61日以上の遅延または3ヶ月以上の遅延があった場合は金融事故になってしまうね。異動情報というところにも記載されてしまい、長期延滞という金融事故があったとみなされてしまうことになる。」

 

A:「そうなると、新しいカードは作れないんでしょうか?」

 

C:「そうなるだろうね。例として延滞を挙げたけど、金融事故とされるものは他にもある。自己破産や個人再生手続などをした場合も同様に金融事故とされてしまうね。」

 

A:「任意整理はどうなんでしょう?」

 

C:「JICCは債務整理という項目で情報が残ってしまうね。CICとKSCの場合は、そういう記載自体はないけど、支払を停止して一定期間経過した場合は延滞と、強制解約された場合、強制回収手続に移行した場合の項目があるから、やはり情報は残ってしまうと考えた方がいいね。」

 

A:「そうなると借入ができなくなってしまうんですね。」

 

C:「信用情報に事故情報が掲載されている期間はね。」

 

A:「どの程度の期間になるのでしょう?」

 

C:「うん、基本的には、5年から10年ということになるね。延滞については、JICCの場合延滞解消後1年を超えない期間という短いものがあるけど、CICやKSCでは5年を超えない期間となっているね。また、KSCでは官報公告情報という「自己破産、個人再生を行ったという情報」は10年間保管されることになっている。KSCは銀行が属しているから住宅ローンは破産後10年組みにくいというのはこれが原因だと考えられるね。」

 

A:「超えない期間という表現が分かりにくいですね。」

 

C:「簡単に言い換えると、「最長5年」ということになるね。信用情報機関は基本的に、会員(金融会社)の申告に基づいて情報を登録したり保管しているものだから、金融事故の発生時と情報の掲載日にはタイムラグが出てしまうものだけど、それを加味して超えない期間という表現を取っているとも考えられるね。」

 

A:「いずれにしても、5年は待つ必要がありますね。」

 

C:「そうだね。あとは、この5年は必ずしも事故があった時から5年となるわけではなく、返済中の場合完済後、延滞中の場合延滞解消後から5年というところも注意したいね。つまり、延滞のまま放置すれば5年ではすまないということも気をつけたいね。」

 

A:「ありがとうございます。少しまとめてみます。」

 

ポイント

  • 1…ブラックリストは存在しない。信用情報機関に事故の情報が記載されている状態のことを俗にブラックと読んでいるだけ。
  • 2…延滞は61日以上または3ヶ月以上で事故情報(異動情報)登録になる(ただしこれ未満でも遅延となることに注意)
  • 3…一度事故登録されてしまうと、多くの場合5年は情報が残ってしまう。

 

お問い合わせ

■司法書士法人ジェネシス本店 : 東京都千代田区外神田6丁目14-7 VORT 末広町7階
■愛知事務所 : 愛知県名古屋市中区錦1丁目7-28 TIG・ACTUS BUILDING8階
■大阪事務所 : 大阪府大阪市北区梅田2丁目5-4 千代田ビル西館2階IJ号室
■福岡事務所 : 福岡県福岡市博多区博多駅東2-4-6 博多グローリービル3F

メールでのご相談
ご相談・お問い合わせはこちら
0120-123-800
メールでのご相談
無料相談のご予約 お気軽にお問い合わせください 0120-123-800 メールでのご相談
自己破産
  • 自己破産とは
  • 自己破産の詳細
  • 自己破産の料金
  • 自己破産の解決事例
  • 自己破産のQ&A
事務所のご案内
司法書士法人ジェネシス 本店
東京都千代田区外神田6丁目14-7 VORT 末広町7階
支店
愛知事務所
愛知県名古屋市中区錦1丁目7-28
J-SQUARE丸の内8階
大阪事務所
大阪府大阪市北区梅田2丁目5-4
千代田ビル西館2階IJ号室
福岡事務所
福岡県福岡市博多区博多駅東2-4-6
博多グローリービル3F
司法書士法人ジェネシス
司法書士法人ジェネシス
本店情報
東京都千代田区外神田6丁目14-7 VORT末広町7階
支店情報
愛知事務所
愛知県名古屋市中区錦1丁目7-28 TIG・ACTUS BUILDING8階
大阪事務所
大阪府大阪市北区梅田2丁目5-4 千代田ビル西館2階IJ号室
福岡事務所
福岡県福岡市博多区博多駅東2-4-6 博多グローリービル3F